車検の基礎知識と費用を安く抑える4つの方法

車検の基礎知識と費用を安く抑える4つの方法

 

車の維持費は高いと言われていますが、その中でも多くの割合を占めるのが車検にかかる費用ではないでしょうか。車検は、安全性を守るためなので車の保有者の義務になります。恐らく多くの人は、車を購入したディーラーに言われるがまま、車検の満期がきたら車を車検に出すのではないかと思います。しかし、他社と比べずに車検に出すのは損をしてしまう可能性があります。

そこでこの記事では、車検の基礎知識と費用を安く抑えるコツを4つご紹介します。これから車検を控えている人は、最後まで読んでぜひ参考にしてください。

車検の頻度

車検は2年に1回というイメージがありますが、新車登録した場合の車は、その登録日から3年後に初めて受けることになり、その後は2年に1回の頻度となります。以前は、10年目以降の車は1年毎の車検が必要でしたが、1995年の法改正後、新車登録から10年経った車であっても2年に1回の頻度で大丈夫になりました。

また、現在も制度の見直しが行われているため、近い将来には新車が4年、それ以降が3年に1回の頻度になるかもしれないとも言われています。これは、年々技術があがり、車の精度が上がってきているためだそうです。

車検切れの車に乗った場合の罰則

車検切れの車を運転しているのが発覚した場合、罰則を受けなければいけません。この罰則は重いもので、公道を走っていた場合、以下のようなペナルティが課せられます。

  • 違反点数6点(前歴がない場合)
  • 30日間の免許停止
  • 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

車検切れの車で万が一事故でも起こしてしまったら、人生が大きく変わってしまう可能性があります。車検切れの車を車検に出す場合、公道を走ることができないので、レッカー車を手配するか、仮ナンバーを申請しなければならなくなり、手間もお金もかかります。車検の期間満了日をきちんと把握し、車検が切れる前に必ず車検に出しましょう。

車検の期間満了の確認方法

車検の期間満了を確認するには、車検証を確認するのが一番早い方法です。この車検証には、保有者の名前や住所、車体番号、自動車の種別など様々な情報が記載されています。また、どの車にも、フロントガラス上部に日付入りのステッカーが貼られています。このステッカーは、車検を受けた時に新しく貼り替えられるもので、数字4桁(年/月)が期間満了を示しています。

車検を安く抑える4つのコツ

地元の車検業者に依頼する

多くの人は、車を購入したディーラーに車検をお願いしているでしょう。車購入の際に「車検もお願いします!」と声をかけられますし、車検の満期が近づいてきたらハガキなどが送られてくるため、自然とディーラーにお願いする流れになるでしょう。しかし、ディーラーの車検費用が高いということをご存知ですか。

いろいろと調べるのは面倒ですし、安心感があるので任せたいという気持ちもわかりますが、費用の面で言えば、地元の車検業者に依頼するのが一番安いです。また、ディーラーでないからといって技術が劣るということはないので安心してください。

何社かで見積書を出してもらう

車検業者を選ぶ際に大事なのは、最初から一社に絞らずに何社かに見積書を出してもらうことです。依頼する業者によって車検の費用は大きく異なるため、損をしないためにも相場を知っておく必要があります。何社かの見積書を比較した上で、依頼する業者を決めましょう。

不必要な検査項目は断る

車検の内容を車検業者に全てお任せする場合、車の隅々までしっかりと調整してもらうことになります。これを”ありがたい”と捉えるか、”やりすぎ”と捉えるかはあなた次第ですが、正直それほど古い車でなければ、そこまで神経質になる必要はありません。本当はまだ使えるのにも関わらず、”念のため”といってパーツを交換されてしまうこともありますので、不必要な検査項目はあらかじめ伝えておきましょう。

検査項目が減ると、単純に車検のトータル費用変わるので節約することができます。車検業者にすすめられることが多いスチーム洗浄や、下回り塗装などは、あなたが必要ないと思えば断りましょう。

メンテナンスをこまめに行う

常日頃から車のメンテナンスを行っていれば、車検の際に高額な費用を請求されることはありません。具体的な例では、ワイパーのゴムが外れたらすぐに取り替えたり、エアコンフィルターを適度に取り替えたりすることです。日頃から大事に使っていれば、車検の際に大きなメンテナンスをする必要がないので、費用を安く抑えることができます。

車検の費用は安く抑えられる

車検の費用はやり方次第で抑えることができます。車を買った場所で車検をしなければいけないという決まりはないので、見積書を比べて良心的な価格を提示してくれた車検業者に依頼しましょう。ただし、価格だけで判断してしまうと困ってしまうこともありますので、腕の良い整備士がいるかどうかは事前に口コミなどでチェックしておくと良いでしょう。

滋賀県にある湖東メグロ商会は、国家整備士4名、検査員4名が在籍していますので、大切なお車の整備を安心してお任せください。自社で車検工場を持たない車検業者のほとんどは、整備後に陸運局へ車を運んで行き、そこで車検を通すという流れになります。しかし、当社は陸運局指定工場の資格を持っているので、すべて自社工場内で車検を終わらせることができます。車検をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。